• ホーム
  • アナリティクスは自サイト内での行動の軌跡を知ることが出来る

アナリティクスは自サイト内での行動の軌跡を知ることが出来る

アナリティクスもGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールの一つです。
このツールで出来ることは色々ありますが、サイト運営においてはサーチコンソールに並んでサイト運営を実践する上では必要不可欠なツールの一つと考えられています。
アナリティクスで出来ることを具体的にあげると、ユーザーの基本属性の詳細の把握、ユーザーがどこを経由して自サイトに辿りついたかの詳細や自サイト内でのユーザーの動向の把握などがあります。

つまりWEBサイトにアナリティクスを連携させることで、自動的にアクセス解析を行いそのログを提供してくれると言うわけです。
そのアクセス解析の結果は、「リアルタイム」「ユーザー」「集客」「行動」「コンバーション」で現されることになっています。
それではアナリティクスが分析することで判明する個別要素を紹介します。

「リアルタイム」とは今現在のユーザーが自サイトを訪問しているか、どのページを閲覧しているのかを把握することが出来ます。
具体的な使い方ですが、ログインしページ左側にある「リアルタイム→概況」をクリックするとリアルタイムのログが表示されます。
そのログには現在のサイト訪問者数や、時間に伴う閲覧しているページ数の訪問者数の変遷などを知ることができます。
またユーザー属性においては訪問したユーザーの属性を把握することが叶います。
このユーザーレポートの使い方ですが、アナリティクスのホーム画面の「ユーザー→概要」をクリックすることで知ることが出来ます。
その結果のログにはページビュー数や直帰率(すぐにサイトを離れたユーザーの比率)や平均セッション時間などを把握することになるわけです。

このようにアナリティクスを活用することでユーザーが外部のどこから来たのか、どのようなニーズを抱えて自サイトに辿りついたのかの詳細を分析する機能を実装しているわけなので、アナリティクスの使い方や機能をよく理解し活用することがサイト運営を行い、検索順位を上位に上げるためには必須のスキルとなっています。
そしてアナリティクスとサーチコンソールを連携することで、よりリアルなユーザーのサイト内外での動向を知ることにつながるので非常に有用です。
サーチコンソールと連携するにはアナリティクスの「検索クエリ」を選択しプロパティ設定で「サーチコンソールを調製」をクリックして、設定画面で「編集」を選択して自サイトを追加することで可能になります。

関連記事