• ホーム
  • コンテンツを追加しても検索順位が上昇しない時の対処方法

コンテンツを追加しても検索順位が上昇しない時の対処方法

WEBサイトのコンテンツの追加や更新を行っているのに、その状況がクローラーにクロールされず検索順位に正しく反映されない場合があります。
このような状況がインデックスされていないことを意味するわけですが、その原因としてはいくつかのものが想定されます。
主要なものは「クローラリビティの低さ」を指摘することが出来ます。
「クローラリビティ」とはWEBページの巡回に必要な基本仕様のことです。
具体的にいえば外部リンクや内部リンクが貧弱でサイトマップも星美されていないために、クローラーがうまくクロールできずに対象ページを発見できないことが原因でGoogleにインデックスされないことが主要な原因と考えられています。
つまりGoogleのクローラーにインデックスされないのは、根本的に内部リンクやサイトマップなどのサイト内の基本構造に改善点をかかえている場合が多いということが出来ます。
なぜならサイト内外からのリンクが少ない記事はリンクを手がかりに巡回するクローラーに発見してもらうのが難しくなるので結果的に、そのページがインデックスされない状況に陥るわけです。
こういったシチュエーションに遭遇する傾向が強いのは、新規ドメインのサイトやリンクを整備していないサイト・SEO対策を怠っているサイトなどです。

特にサイト遠泳上注意が必要なのはGoogleのウエブマスター向けのガイドラインに違反するサイトを構築することでガイドライン違反を犯してしまいペナルティを受けるケースです。
Googleからガイドライン違反を認定されてペナルティを受けると最悪の場合、検索順位から削除されてしまうことがあります。
仮にペナルティを受けてしまったときの対処法としては、違反部分を改善してサーチコンソールから再審査リクエストを送信して、ペナルティを解除してもらう方法を実施することが必須です。
ガイドライン違反部分を改善してその旨を送信することで検索中にも復帰し、インデックスされない状況も改善されます。

またHTMLファイルの記述で「noindex」を指定していると検索結果に反映されないことになります。
このような記述がなされているとインデックスからされなので、削除方法としてサーチコンソールの「Fetch as Google」を活用してインデックスを促すことで対策をすることがかないます。
対処法にFetch as Googleを活用することもインデックスされない状況の対処法の一つになります。

関連記事