• ホーム
  • サイトを引越しした時はユーザーを円滑に移動させることが重要

サイトを引越しした時はユーザーを円滑に移動させることが重要

スマホにあるSNSアイコン

御承知のようにWEBサイトは、何らかの業績や、BtoBでは資料請求を喚起する、あるいはアフィリエイトを行うなどの何らかの明確な目的をもって運営されており、検索上位を狙うために各種のSEO対策を検討実践しています。
売上はもちろん問い合わせや、自社サービスのブランディングなどへの成果へとつなげていくことがWEBサイトを運営する重要な意義になっている訳です。
ところがWEBサイトが引越ししてしまった場合はどうでしょうか。
表示されるべきコンテンツが出てこない・新URLへの移転が検索結果に反映されない、内部リンクが機能しないなどの事態はできる限り回避に努める必要があるといえます。

またWEBサイトの移転はSEO対策にも影響を与えます。
サイトの引越しを行う場合には、ドメインが変わったりディレクトリ構造などが変異したりすることがあり、URLの変更を伴うこともよくあります。
ところがGoogleなどの検索エンジンのクローラーはURLを基準に対応してインデックスしています。
そのためURLが変わったことをGoogleなどの検索エンジンに伝えることに注意しておかないと、インデックスが途切れてしまい検索結果にも悪影響を与えることになるわけです。
他方で移転はSEO上有益な効果をもたらす側面もあります。
新たにドメインを取得した引越し先のサーバーが移転もとのサーバーよりも高機能であったとすればページの表示速度が速くなったり、セキュリティ面での安全性の向上なども期待できます。

しかしこのようなWEBサイトの引越しによるページ表示速度の改善やセキュリティ面の安全性の向上などのメリットを享受することが出来るためには、移転に伴う不具合が発生することのないように対応策を講じておくことが必要不可欠です。

そのための対策が必要になるわけですが、WEBサイトを引越すときに注意するべきなのは、トップページには新しいURLを記載して移転の事実を告知するだけでは不十分だと言うことです。
検索エンジンはURLを基準にインデックスしているので、ユーザーのみならずクローラーにも引越の事実と新たなURLが認識されるようになっていることが必須になることが理由です。
そのためサイト移転に伴ってURLも変更した場合にはトップページでリダイレクト設定を忘れないで行うことが大切です。
リダイレクト設定を行うことでこれまで内部リンクや外部リンクなども新たなWEBサイトに承継させることが可能になりSEO対策も円滑に行うことが可能になります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧