• ホーム
  • サーチコンソールでユーザーの動向を把握する

サーチコンソールでユーザーの動向を把握する

サーチコンソールはGoogleが提供する無料のSEOツールになります。
後述するアナリスティクスがサイト内部でのユーザーの活動の軌跡を分析するツールであるとすれば、こちらは自サイトに訪問するまでのユーザーの行動を分析しSEOに役立てるために各種の情報を解析するツールという位置づけになります。

サーチコンソールで出来ることは、アナリスティクスではほとんど観察することの出来ない、検索からサイトに至るまでの検索キーワードの調べることが可能になっているのでサイト運営で検索順位を上げるためには必要不可欠なツールということがいえます。
出来ることをより具体的に例示すれば、検索キーワードの収集以外には、自サイトへのリンクの張り方・自サイトがGoogleのクローラーに認識されているかの確認、自サイトでどのようなエラーが発生しているのかの確認などを行うことが可能になっています。
これらはいずれも情報収集と分析の粋を出ないものですが、対策のための基本情報を収集することになるので、WERマスターにとってはサイト運営で検索順位を上げるなどの目的達成のためには非常にユーティリティーが高いツールになっています。

サーチコンソールの使い方ですが、Googleアカウントでサーチコンソールへログインし、自サイトのプロパティを追加することから始まります。
実際にどのようなキーワードで検索されているかの確認するための使い方は、左メニューの「検索トラフィック」「検索アナリティクス」を順番にクリックすることです。
すると自サイトがGoogleの検索結果に表示されたキーワード、検索結果上でクリックされた回数、掲載順位などのログが表示されているはずです。
このログの中でクリック率が高いキーワードがあなたのサイトに寄せている期待度の高いキーワードと評価することが出来ます。
目論見どおりの結果が表示されていないときは、重視するキーワードの見直しなどを行うべきことになります。

ところサーチコンソールの機能にはアナリスティクスと連携させる機能が実装されています。
アナリスティクスと連携させることによってより有用な情報分析が可能になります。
サーチコンソールはサイト移動前のユーザーの動向であって、アナリスティクスはサイト内へ流入後の動向を収集分析する機能をもっているのでユーザーの全体的動向を把握することが可能にしてくれるからです。

関連記事