• ホーム
  • バックリンクで確実なSEO対策を実践することの重要性

バックリンクで確実なSEO対策を実践することの重要性

パソコンを使用する女性

バックリンクとは別名「被リンク」と呼ばれているもので、外部サイトから自サイトに張られたリンクのことを指しています。
具体例を挙げれば自サイトで作成したコンテンツが他のブログやアフィリエイトサイトなどに紹介されればバックリンクを受けたことになります。
この被リンクを受けることはSEO対策においてとりわけ重視されており、検索順位を上げるためにも必要不可欠なリンクと認識されています。

従って自分が作成したコンテンツに対して多くのユーザーが共感し別ブログで紹介してくれることで被リンク数の増加も見込むことができ、より効率的なSEO効果を得ることが出来ます。
とはいっても被リンクの全てが良質なものばかりが含まれているとは限りません。
例えばある程度の日数を経ていれば、海外からのスパムや無料のディレクトリサービスを利用したことによる質の低い被リンクも増えてくることになるのは不可避の病理現象と言えます。
このようなクオリティの低いリンクを取得するとSEO対策の観点ではむしろ逆効果で、クローラーからの評価も低くなり検索順位の下落などのリスクも想定されるところです。
例えばそれなりの運用開始後それなりの日数が経過しているのに検索順位が上がらない場合は、リンクを洗い出して良質なコンテンツへのつながりをもたらすような良質な被リンクの割合を高めることも検討することが必要かもしれません。
現在の検索エンジンのアルゴリズムはある程度、低品質なリンクを評価していますが、すべてを対象にしているわけでもないので自ら見直すことも重要です。

そこで良質なバックリンクを獲得するには、品質の高いコンテンツを地道に作り上げて、SNSなどのサービスを駆使し多くのユーザーに告知しながら被リンクを獲得する機会を増やすことが重要です。
そしてSNSなどで「いいね」の獲得数を増やしながら、そのコンテンツへのアクセス流入を期待しつつ知名度の高いアフィリエイトサイトなどからも被リンクを獲得することが出来るようになれば理想的です。

また別ドメインでサテライトサイトを作成して自サイトにリンクを張るという方法もあります。
この場合は特にリンクへの張り方は不自然でないように注意が必要です。
尤もサテライトサイトのコンテンツの質を上げて、不自然なリンクの張り方にならないようにしながら、運用すれば被リンクが自然に増加する流れを作ることも可能です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧