• ホーム
  • 中古ドメインを利用するのも一案

中古ドメインを利用するのも一案

色々なSNSアイコン

サイト運営を始める際に新規ドメインを取得せずに、あえて中古ドメインを購入するという方法があります。
新規ドメインではドメインエイジ、つまりサイト運営してまだ日が浅くコンテンツも少ないので、クローラーからインデックスされないリスクも高いです。
これに対して中古ドメインでは、それなりのドメインエイジを持っているので運用実績もあり、アクセス数も当初からある程度のアクセス数の確保が可能になっています。

SEO対策に中古ドメインを利用することにはこのようなメリットがありますが、新規ドメインにはない注意点があるのも確かです。
それは過去にペナルティを受けている経歴を持っているかの疑いがあるからです。
具体的にはメインサイトの他にサテライトサイトも展開している場合、メインサイトだけで必要性を充たしているのに、被リンク数をかさ増しするためにサテライトサイトを展開し相互リンクしているような場合です。
被リンク数を増やすことはSEO対策の有力な方法だったのは確かですが、解説するべき必然性に乏しく単に検索順位を上位にすることを自己目的にしたコンテンツの乏しいサテライトサイトなどを運用していると検索エンジンの規約違反に該当しペナルティを被っている場合があります。

ただし中古ドメインを利用する場合には、利用できる文字列には自由の幅が狭く事実上選択肢がある程度制限されることになるのは留意するべきでしょう。
これに引き換え新規ドメインであれば、任意の文字列や使用したい文字列を考案し空きがあれば新規ドメインと取得することが叶うことになります。
ただ自分でドメイン名を検討する場合には何らかのリスクが介在していることは注意するべきです。
例えばブランド名が含まれている・文字列が極端に長い数字やアルファベットで構成され自動生成されたようなドメインなどです。
無断使用による財産権侵害などの指摘を受ければ巨額の損害賠償負担のリスクもでてくるからです。

リスク回避のためには、業者が販売しているドメインであれば事前調査済みなので安全性は高いと評価できます。
尤も業者から購入するまでもなく、ドメイン名の文字列にあまりこだわりがないのであれば短いものが推奨されます。
長いから悪いとは即断できませんが、短いドメインにすることで記憶しやすくなり、アクセス増加などの効果も期待出来るのでSEO対策の一環としての観点からも好ましいからです。

関連記事