• ホーム
  • 競合チェックでは敵を知り己を知ることが鉄則

競合チェックでは敵を知り己を知ることが鉄則

コンテンツ作成やキーワード選定にもツールなどを駆使して選定しているにもかかわらず、一連の鋭意が検索順位に反映されず下位に沈んでしまっている傾向がある場合は、競合チェックを行う必要性に迫られていると評価できます。
検索順位での上位サイトと自サイトにどこに違いがあるのかを把握するのは、改善策を検討する上では必要不可欠の作業です。

上位サイトのユーザーは何を期待しているのかを分析するのはSEO対策の基本の一つを形成するといっても過言ではないでしょう。
検索順位上位を目指すためには自サイトには何が足りなくて、上位サイトはユーザーに対してどのような有益な情報を提示しているのかを分析するにはどこに着目するべきなのでしょうか。

まず競合相手を分析する前に自サイトの狙い目となるターゲット層を明確にする必要があります。
ここに狙い目になるターゲットというのは自サイトの商品やサービスなどを購入してくれる層と、競合するサイトの狙い目になっているクライアント層のことです。
自サイトの狙い目になっている層を分析ができていないと、顧客対象が明確になっていない限り見当違いなサイトになる可能性があるからです。

自サイトを訪問するユーザーの属性、具体的には性別や職業居住エリアなどを調査することが必要になるでしょう。
さらにどのような経路で自サイトのホームページに流入しているのかを各種のツールを駆使して把握することがSEO対策の基礎になると言うことが出来ます。

具体的には後述するサーチコンソールやアナリティクスなどのGoogleで無料提供されているツールを使用してクライアントの属性や検索動向などを把握することが可能になります。
どのような顧客が何を求めてホームページを訪れるのかを知ることによって、顧客のニーズを浮き彫りにして効率的なSEO対策が可能になるという訳です。

顧客を明確化することに成功すれば競合する相手の競合チェックを行うことが可能になります。
尤もインターネット上の競合相手は事業規模やネームバリューだけに必ずしも左右されるとは限りません。
検索順位はユーザーが必要としているキーワードに合致しているサイトが表示されることになるので、自サイトのホームページに流入しているキーワードで検索すると検索結果の上位に表示されるサイトが自サイトにとっての競合相手ということになります。
競合相手のキーワードなどを意識しながらより検索順位をアップさせるためのキーワードの洗練化などに努めることが対策になると言えます。

関連記事