• ホーム
  • Googleはユーザーへの有益性の高さを重視

Googleはユーザーへの有益性の高さを重視

サイトのURL

従前のWEBサイトのデザインにおいてはホームページを訪れたユーザーにとっての見た目についてのインターフェイスが重視されてきましたが、昨今では実際にコンテンツを利用したときのユーザー体験や構造が明確で混乱することがなく、必要な情報が信頼するものに足りるレベルにあることなどのユーザビリティの重要性が強く認識されるようになりました。
尤もユーザーインターフェイスとユーザビリティとは必ずしも排除しあう関係性に立っている訳ではなく、むしろサイトデザインにおいてGoogleといった検索エンジンが重視する対象をウエブデザインの場面に引き直したに過ぎず、考慮対象が拡大したことを意味していると考えることが出来ます。
それではユーザーの満足度を上昇させるために対処できることにはどのようなものがあるのか、検討してみましょう。

まず基本的視点の問題にはなりますが、ユーザー中心主義に徹することが大切です。
サイトを訪問したユーザーにとってわくわくするようなコンテンツや、必要とする問題解決のための信頼性のある情報にわかりやすくたどり着けることを心がけることです。
例えばコンテンツ同士の内部リンクが充実することでわかりやすい構造を構築し、ユーザーにとっても混乱することなく必要な情報を得ることができるのが明確になっていることが求められることになります。

ところでサイト運営を行うのは何らかの業績につながることが最終目標になっているのはいうまでもありません。
ユーザーの興味を喚起し購買活動や資料請求につなげるためには、CTAボタンを設置することも効果的です。
CTAボタンとは、訳すると「行動喚起」を意味しています。
「予約する」「注文する」などのCTAボタンがこれに相当するものです。

また各コンテンツでユーザーに提供されるのはテキストが中心になります。
画像や動画などはSEO対策の上では効果的なコンテンツになるのは確かですが、それは適切なテキストがあってこそのことです。
テキストによるコンテンツではなおさら、動画や画像なども内容のインデックスを提供するには確かな文章力も必要です。
文章力をつけることで短いセンテンスで必要十分な情報をユーザーに提供することが可能になるからです。
そして文章を活用するにはリンクテキストを工夫することは必須です。
デフォルトの設定が基本になるものの、重要な内容やコンテンツの部分にはアンダーラインをつけるリンクテキストにすることで自然にリンク付であることをユーザーに認識さえることも容易になります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧